競馬マーチンゲール法


殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件(産経新聞)

 大阪市西成区の女性=当時(92)=が多量の薬物を投与され殺害された事件で、殺人と殺人未遂容疑で逮捕された実行役の田向啓子容疑者(53)が犯行に使ったインスリンについて、「自称・霊能力者で指示役の寺谷均美容疑者(53)が家族から手に入れた」と供述していることが10日、大阪府警への取材で分かった。寺谷容疑者は全面的に否認しているが、府警は寺谷容疑者の主導性を裏付ける供述とみている。

 捜査1課によると、平成19年4月〜5月にかけて、寺谷容疑者は、田向容疑者が訪問介護していた女性を「逝(い)ってもらわなあかん」と指示、インスリンなどを投与して殺害したとされる。

 田向容疑者は「女性の腹部にインスリンを注射した」と供述。女性は直後に具合が悪くなり、当時入院していた大阪市内の病院がすぐに検査したところ低血糖と判明。それ以前にも田向容疑者から精神安定剤や睡眠導入剤を何度も投与された影響で容体が悪化し、5月27日に死亡した。

 寺谷容疑者はインスリンについて「名前は知っている」と供述するだけで、「田向容疑者と女性の殺害を相談したことは一度もない」と否認している。

 インスリンの入手には医師の処方箋(せん)が必要だが、田向容疑者の家族や知人に糖尿病患者はおらず、犯行現場となった病院で盗まれた形跡もなかった。寺谷容疑者の家族にはインスリンを常用している糖尿病の患者がおり、府警は入手経路は田向容疑者の供述どおりだとみている。

 寺谷容疑者は女性の死亡から数カ月後、親族に「女性が死にきれていない」と多額の祈とう料を要求。他の事件でも同様の行為を繰り返しており、入手した現金は家族旅行のほか、日常生活で浪費していたとみられる。

 両容疑者は高校の同級生で卒業後も友達付き合いを続けていた。不妊問題に悩んでいた田向容疑者が約30年前、寺谷容疑者の助言に従ったのを機に「霊能力者と信者」としての上下関係ができていったという。

 田向容疑者は「寺谷容疑者のように幸せになりたくて、ずっとお布施をしていたが、結局幸せになれなかった」と供述している。

■「霊能力者」事件

 大阪市東成区の放火事件で平成21年3月に逮捕された田向容疑者の自供から、自称・霊能力者の寺谷容疑者が関与した窃盗、詐欺、放火、殺人・殺人未遂容疑の計12事件が発覚。捜査の過程で、寺谷容疑者が「お不動さん信仰の教祖」の立場を利用してターゲットを絞り、信者の田向容疑者に犯行を指示して「厄災」をもたらし、祈とう料名目の現金を引き出す−という構図が浮上した。寺谷容疑者はすべての事件で全面的に容疑を否認しているが、府警は信者数人から計約1億8千万円を集めたとみている。うち約9千万円は田向容疑者からのお布施だった。捜査幹部は「寺谷容疑者は人生に悩む人たちを食い物にした」と指摘している。

■霊能力者事件の事例集

 事例1(窃盗) 平成15年10月、私立高のPTA会長だった寺谷容疑者は文化祭のバザーの収益金が職員室の金庫にあることを知り、田向容疑者に指示し約95万円を盗ませたとされる。寺谷容疑者は、会計担当者に「お金のことで災いがある」と“予言”していた。

 事例2(詐欺) 20年3月、寺谷容疑者は田向容疑者の次女に貯金があることを知り、次女に「あなたのおばあさんの老人福祉施設の入所費用200万円が半額で済むようにして話をしてあげる」などとウソをつき、約100万円をだましとったとされる。

 事例3(放火) 20年5月、寺谷容疑者は信者の1人に「変なことが起こるかも知れない」と予告電話をかけた上で、田向容疑者に放火を指示、信者の自宅を半焼させたとされる。寺谷容疑者は数日後、信者に「護摩をたいてあげる」と話し、お布施を要求した。

【関連記事】
自称霊能力者と信者の女を殺人と殺人未遂容疑で再逮捕 大阪府警
放火事件 実行役の女供述「殺害目的で睡眠薬」
放火を“予言”してお布施要求 信者をあやつった女霊能力者
「教祖」の女を放火で再逮捕 信者の女に指示
現金盗み家屋に放火容疑 自称「霊能力者」の女ら逮捕
20年後、日本はありますか?

<春の陽気>各地で気温20度超える 南から暖かい風が入り(毎日新聞)
皇太子さま、ガーナの露天市場に(時事通信)
袋に入った嬰児遺体見つかる 埼玉・越谷(産経新聞)
カード詐欺容疑で中国人逮捕=組織トップからの伝達役か−埼玉県警(時事通信)
宇宙機関長会議 ISSの使用延長 検討の開始を明らかに(毎日新聞)
[PR]
# by pl2xuyxj7s | 2010-03-12 15:20


岡田外し「気にしてない」=普天間、対米交渉に意欲−外相(時事通信)

 「『外務省はどうなっているのか』という記事があるが、わたしは全く気にしていない」。岡田克也外相は5日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設をめぐる平野博文官房長官、北沢俊美防衛相とルース駐日米大使との2日の会談に同席しなかったことについて、こう強調した。
 普天間問題では、平野長官が昨年末に移設先選定に当たる政府・与党検討委員会の委員長に就任して以降、岡田外相の存在感は薄まるばかり。今回の会談が表面化すると、一部で「岡田外し」と報じられた。
 会見で岡田外相は「(政府案が)まとまれば、外務省としてしっかり米国と交渉していく」と対米交渉への意欲を表明。移設先についても「あらゆる可能性がある」として、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移すとした現行計画も排除しない考えを重ねて示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

【ニッポンの食、がんばれ!】大豆レボリューション(産経新聞)
舛添、河野氏「人心一新」促す(産経新聞)
群馬・伊勢崎で民家火災、家族4人が不明(読売新聞)
<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)
開業医の時間外電話相談、留守番電話対応も可(産経新聞)
[PR]
# by pl2xuyxj7s | 2010-03-10 22:12


<虐待>食事与えず5歳長男衰弱死、あざも 父母逮捕 奈良(毎日新聞)

 5歳の長男に十分な食事を与えず死亡させたとして、奈良県警は3日、父親の同県桜井市粟殿、会社員、吉田博容疑者(35)と母親のパート店員、真朱容疑者(26)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。5歳児の体重は通常15〜20キロだが、長男は死亡時6.2キロしかなかった。顔など数カ所にあざがあり、県警は暴行の有無についても調べている。

 逮捕容疑は、今年1月初めから今月3日まで、長男智樹君に十分な食事を与えず、日ごとに衰弱していったのに治療を受けさせず放置し、死亡させた疑い。両容疑者は「愛情がわかなかった」と、容疑を認めているという。

 県警などによると、3日午前11時ごろ、真朱容疑者が県中央こども家庭相談センターに3回にわたり、「子供を虐待している」「ぐったりしている」などと連絡。訪問した市職員が、あおむけでぐったりした智樹君を発見し、119番。病院に運ばれたが、午後5時20分に飢餓による急性心不全で死亡した。

 両容疑者は、智樹君、長女(3)の4人暮らし。智樹君を保育所などに預けず、1月初めごろから食事は1日1回、朝食だけだった。母親は「この1週間ほどは食事を受け付けなくなった」と話しているという。智樹君は自力歩行できず、寝たきり状態だった。

 関係者によると、自宅はロフト付き8畳一間の2階建てアパートの2階。同じアパートの1階に住む男性(33)は「半年ほど前、ギャーという声やドンという大きな音が聞こえた。異常な泣き声だったので、アパートの管理会社に『虐待されているのでは』と電話した。それから泣き声は収まった。子供が可哀そう」と話した。

 隣に住む会社員の男性(40)は「1年ぐらい前から午後10時くらいに、子供が泣く声や壁をたたく音が聞こえていた。いたずらをして怒られているのかなと思った。2、3カ月前ごろから泣き声は聞こえなくなった」と話した。【上野宏人、高瀬浩平、大森治幸、山崎一輝】

【関連ニュース】
幼児虐待:3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡
児童ポルノ:被害最多 虐待も過去最悪に 09年統計
東京7歳児虐待:静岡で強盗容疑、継父を再逮捕へ
3カ月長男虐待:容疑の父親逮捕 脳に障害か 大阪
親権制限制度:民法改正を法制審に諮問 法相

民主・小林氏「申し訳ない」進退明言せず(読売新聞)
新任女性教諭の自殺、公務災害と逆転裁決(読売新聞)
寺放火の疑い、僧侶逮捕=火災保険3億円−事前に家具持ち出す・埼玉県警(時事通信)
「対応に深い悔恨の念」=検証結果を公表−死亡小1の虐待で区・東京(時事通信)
首つり偽装で自衛官殺害=容疑で妻ら5人逮捕−検視で「自殺」と誤認・宮城県警(時事通信)
[PR]
# by pl2xuyxj7s | 2010-03-09 10:00


30年に1度以下の異常気象=「北極振動」で北半球に猛寒波−気象庁検討会(時事通信)

 米国、欧州などの記録的な大雪や低温について、気象庁は3日、異常気象分析検討会(木本昌秀会長)を開き、北極圏と中緯度地方との気圧の変動(北極振動)が非常に大きかったためなどとする結果をまとめた。
 木本会長は「30年に1度以下の頻度でしか起きない異常気象と言っていい」と述べた。中国や韓国も記録的な大雪を観測したが、日本は暖冬になりやすいエルニーニョ現象が発生しているため、寒気の影響を受けにくかったとしている。
 気圧が北極圏で高く中緯度は低い場合を「負の北極振動」といい、中緯度地方に寒気が流れ込みやすくなる。偏西風の蛇行が非常に大きかったことや、成層圏の気温が突然上昇する現象の発生といった条件が重なり、負の状態が例年になく長く持続したという。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

<生物多様性>「国内損失、止まらず」目標は未達成 環境省(毎日新聞)
押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席−東京地裁(時事通信)
津波到着なら、28日午後以降=チリ大地震で気象庁(時事通信)
体長7センチ!度胸試し? 90種を一堂に「ゴキブリ展」(産経新聞)
大津波・津波警報 岩手県・久慈港で90センチ観測(毎日新聞)
[PR]
# by pl2xuyxj7s | 2010-03-08 00:18


<裁判員裁判>強殺事件の被告に無期懲役判決 鳥取地裁(毎日新聞)

 鳥取県米子市の税理士事務所代表の男性(当時82歳)ら2人が殺害された強盗殺人事件を巡る裁判員裁判で、鳥取地裁は2日、同事務所の元経理担当、影山博司被告(55)に対し、求刑通り無期懲役を言い渡した。小倉哲浩裁判長は「2名を殺害した重大で悪質な事案だが、被害男性が理不尽な行動で被告を追い込んだことが原因で、経緯には同情の余地が大きい」と述べた。

【関連ニュース】
裁判員裁判:検察側は無期懲役求刑 鳥取強殺事件
裁判員裁判:鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問
裁判員裁判:凶器の工具など証拠品確認 鳥取の強盗殺人
裁判員裁判:米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認
裁判員裁判:死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件

<小林氏陣営違法献金>日教組書記長「極めて残念」(毎日新聞)
<大津波警報>青森県〜宮城県の三陸沿岸に 高さ1〜3m(毎日新聞)
ハローワーク公募の「盛岡芸者」 20代の3人が初稽古で悪戦苦闘(産経新聞)
寝たきりの79歳妻、夫に首絞められ重体(読売新聞)
雑記帳 “究極”のすし折り登場 18店の定番詰め合わせ(毎日新聞)
[PR]
# by pl2xuyxj7s | 2010-03-06 05:51

    

勝利の法則
by pl2xuyxj7s
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧