競馬マーチンゲール法


<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧



恒久減税、議会に再提案=「1年限定」改正求める−河村名古屋市長(時事通信)

 河村たかし名古屋市長は、19日に開会した臨時市議会に、恒久的な市民税10%減税を実施するための条例改正案を提出した。市民税減税は市長の最大の公約で、市議会は昨年12月に一度は恒久減税条例案を可決したが、この3月には2010年度に減税を限定する内容に改正していた。
 河村市長はまた、年間約1600万円の議員報酬を半減させる条例改正案も提出。これまで並行して成立を目指していた議員定数半減条例案の提出は見送った。 

【関連ニュース】
首長ら「日本創新党」旗揚げ=党首に山田杉並区長、参院選5議席目指す
議会解散以外に方法なし=市民税減税の公約実現で
菅原文太氏が河村市長を応援=市議会解散問題で
議会リコールへ自転車街宣開始=河村たかし名古屋市長
市長と議会、対決色強まる=「議員報酬半減」めぐり

明石歩道橋事故 聴取3時間、元副署長が拒否し録音・録画できず(産経新聞)
織田信成選手 婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)
育休の文京区長「母の偉大さ実感」(産経新聞)
<キトラ古墳>壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)
<名古屋市版レッドリスト>「絶滅」に13種追加(毎日新聞)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-04-24 05:16


<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)

 アイスランドの火山噴火後、運航を取りやめていた欧州便のうち成田発ミラノ行きのアリタリア航空機は19日昼、離陸した。18日は運休していた。モスクワ行きアエロフロート航空機は前日に続き、運航した。

 しかし、19日午前のオーストリア航空ウィーン行きは飛行可能として乗客の搭乗手続きをいったん受け付けたが、出発直前に急きょ運航が中止になるなど混乱が続いている。

板橋区役所の電話不通原因 交換機の処理能力超す(産経新聞)
「老老介護」5324人、「孤立」2734人―東京都世田谷区が高齢者の実態調査(医療介護CBニュース)
<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
少年愛好「ショタコン」国際化、性ビジネス確立(読売新聞)
【ニッポンの食、がんばれ!】地大豆、苦難経て特産品に(産経新聞)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-04-21 14:34


舛添前厚労相を事情聴取!週明けにも自民執行部が実力行使(スポーツ報知)

 自民党内での孤立化が進んでいる舛添要一前厚労相(61)が週明けにも党執行部からの事情聴取を受けることが16日、分かった。執行部批判と新党結成への動きを背信的行為とみなし、大島理森幹事長(63)が本人を呼び出して問いただす見通し。「すべての可能性をオープンにしている」と離党を否定しない舛添氏に妥協の選択肢はなく、離党勧告などの処分が下される可能性も出てきた。舛添氏は15日から全メディアに対して取材お断りのお達しを出し、口をつぐんでいる。

 自民党執行部が、ついに“問題児”に対して実力行使に出る。この日昼、田野瀬良太郎総務会長(66)は「彼の発言からは誠意が感じられません。毅然(きぜん)とした態度を示すべき。(執行部入りを)打診したでしょう。それも断ってきた。いったいどこに真意があるのか」と不信感をあらわにした。

 自民党規律規約によれば「公の場所または公に発表した文書で、党の方針または政策を公然と非難する行為」をした党員に処分を行うことができ、処分内容には「離党の勧告」「除名」などの厳罰も含まれる。聴取後に舛添氏の言動が規約に触れると判断すれば、党紀委員会を開いて該当処分を検討することになる。
当人は報道規制 国民からの高い支持率とは裏腹に党内で非難が集中している舛添氏は15日から異例の報道規制を敷いた。参院議員会館の議員室には全報道陣の立ち入りを禁止し「個別取材は一切お断り」とした。

 だが、執行部批判を弱めるつもりはなく、外部へ向かって意欲的に持論を発信していく方針だ。19日には福岡市で講演し、21日には川崎市で山際大志郎前衆院議員(41)との勉強会に出席予定。いずれもテーマは「日本の政治の行方」で、これまでどおり、民主党政権の危険性に併せて自民党の体たらくぶりについて語る見通しだ。現執行部と直接話しても妥協点が見つかる可能性はなく、処遇に注目が集まる。

 【関連記事】
舛添要一 厚労相 大島理森 を調べる

1人2200万円で決着へ=9日にも最終解決案−JR不採用問題(時事通信)
加齢による女性の体型変化の法則 バストの下垂20代から始まる(J-CASTニュース)
札幌で最大風速30m超の強風、6人けが(読売新聞)
「シカに矢」男女2人組逮捕「シカ肉は高く売れると聞いた」(スポーツ報知)
<新党>「たちあがれ日本」発足へ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-04-17 12:53


女児虐待死は育児放棄か、去年から体重減少(読売新聞)

 大阪府寝屋川市で1歳10か月の女児が頭を強く揺さぶられる虐待を受けて死亡した事件で、女児の体重が、昨夏から約半年間で1・3キロ減少していたことがわかった。

 府警は、傷害致死容疑で逮捕した父親の無職岸本憲(あきら)(26)、母親の美杏(みき)(27)両容疑者が、食事を制限するなどの育児放棄(ネグレクト)もしていた疑いがあるとみて詳しく調べる。

 府警や寝屋川市によると、死亡した三女・瑠奈ちゃんは昨年7月に同市役所で体重を測定しており、この時は同年齢の平均(約10キロ)より少ない7・5キロだった。

 意識不明で病院搬送された今年1月27日には、平均の半分程度の6・2キロに減っていたという。1〜2歳の児童は脳が大きくなり、体に脂肪がつくため、通常は体重が増えるとされている。

 また、搬送時に見つかった左あごの骨折は、府警の調べで、その約1週間前の負傷だったことが分かった。両容疑者は虐待を否認しているが、治療の形跡はなく、府警は日常的な暴行があったとみている。

黄元書記、招聘 動かぬ拉致問題 日本政府の思惑は、前向きアピール(産経新聞)
米子−名古屋間の航空便存続ピンチ(産経新聞)
<毒ぶどう酒事件>「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)
DEEP、6月にシンフォニックコンサートツアーを開催
自転車事故「欠陥が原因」=四肢まひの男性が輸入元提訴−東京地裁(時事通信)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-04-12 16:53


中古部品で自動車修理 新品の修理と遜色なし(産経新聞)

 自動車修理で、新品の部品ではなく中古の部品を利用するケースが増えている。古着や中古マンションなどの人気が「中古」に対する抵抗感を薄れさせていることもあるが、廃車などから取り外された中古部品での自動車修理は当然、費用も安い。(太田浩信)

 ≪古くても大満足≫

 長野市の男性会社員(27)は昨年、壁にこすって傷付けた自動車のドアの修理を修理工場に持ち込み、「中古部品で直した方が安く済みますよ」と言われた。十万円近い修理費を覚悟していたが大幅に安い見積もりに早速、中古部品での修理を依頼。結果は3万円弱の費用で、新品での修理と遜色(そんしょく)なく、満足のいくものだった。

 自動車の修理費用は、ぶつけた場所や傷の大きさ、ダメージの程度などで異なり、業者間の料金差もある。修理に出す場合、複数の業者から見積もりを取って比較するのが節約のコツだ。さらにお財布の大きな味方になるのが中古部品。リサイクル部品、リユースパーツなどとも呼ばれる。

 国内最大の自動車中古部品流通ネットワークを持つNGP日本自動車リサイクル事業協同組合(東京都港区、組合員142社)は、在庫の管理や流通にオンラインシステムを確立。廃車やリースを終えた車から使用可能な部品を取り外し、1点ずつ独自の商品化基準で検査し、合格した部品は詳細な状態の登録とともに区分・保管する。修理業者からの注文に適合する部品を全国の会員に照会し、梱包(こんぽう)・出荷する。

 昨年の組合員全体の部品売上高は375億円で、対前年度比104%と右肩上がりだ。

 部品はバンパーやボンネット、フェンダー、ドア、ライト、シートなどの内外装部品と、エンジンやトランスミッション、セルモーターなどの機能部品の2つに区分され、一定期間の保証が付く。現在、登録された部品は約150万点。一部メーカー系のディーラーもお得意様という。

 ≪ワンパッケージ≫

 同組合では中古部品は新品の半値を超えない価格に設定するが、さらに価格面で新しい部品よりも有利な面がある。

 例えば、ドア。「外板と内装部分、さらにパワーウインドーのモーター、ガラスが入ったワンパッケージで、一般的に2万円から2万5千円くらい」と宮地康弘専務理事。新品では外板だけで、ガラスやモーター、内装も付属しないため、損傷の具合によってはそれらを別々に購入しなければならず、価格がかさむ原因となる。

 ただ、中古部品を使う場合は注意が必要だ。宮地専務理事も「傷の有無や何年使用した車の部品か、どの程度の走行距離の部品かなどの情報が一番大事」と指摘する。中古部品を使ったことで不具合が生じ、結局は新品の部品でさらに修理することにならないように安心できる中古部品で賢く修理したい。

【関連記事】
「当日」に近いほど格安 ギリギリ予約で得するレジャー
無料博物館めぐりはいかが?
マイルもたまる、単身者向け「引っ越し」お得プラン
「住宅エコポイント」 対象や併用の可否よく確かめて
不景気逆手にヌーボー楽しむ

<短歌>寺山修司賞など決まる(毎日新聞)
韓流ファン女性 韓国で行方不明 (産経新聞)
ペンに託す定年後の人生 企業OB70人 作品を発表・批評(産経新聞)
<小美玉市長選>島田氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)
千葉県夷隅・安房に大雨・洪水警報を発令(読売新聞)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-04-07 11:33


<国東半島>「峰入り行」始まる 天台宗の僧侶ら(毎日新聞)

 大分県の国東半島で、天台宗の僧侶たちが約150キロの山道を歩き、霊場を巡る「六郷満山(ろくごうまんざん)峰入り行」が31日、本格的に始まった。僧侶約20人は、同県豊後高田市の国指定重要文化財「熊野磨崖仏(まがいぶつ)」前で護摩をたいた後、約100人の一般参加者と共に険しい山道を歩き始めた。

 峰入り行は00年3月以来10年ぶり。六郷満山は国東半島に点在する天台宗寺院の総称で、峰入り行は仁聞(にんもん)菩薩が修行した足跡をたどり、855年に始まったとされ、その後興廃を繰り返して1959年に復活した。

 午前7時、ほら貝の合図と共に、白装束の僧侶が険しい参道を登り始め、磨崖仏前に到着。般若心経を唱える声が響き渡る中、護摩に火が付けられると、激しく煙が噴き上げた。行は4月4日まで続く。【祝部幹雄】

【関連ニュース】
ふるさとナビ:市民記者ニュース 僧侶ら霊場巡る 大分で10年ぶり修験行事 /東京
美しき瑞穂の国で:第1部・仏の里の春/3 米国から古里の鬼へ /大分
ひとinぐんま:江戸時代の「大根蕎麦」復活、前山文伸さん /群馬

<国交省>男性職員を懲戒免職 共済組合の金を生活費に流用(毎日新聞)
<小沢幹事長>参院選長野「2人目は党本部直営」(毎日新聞)
ヒゲで評価ダウンは不当 慰謝料支払い命令(産経新聞)
自治会、PTA…緊急時に備え 名簿づくり“お墨付き” 箕面市条例あす成立へ(産経新聞)
足利事件 菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で(毎日新聞)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-04-02 13:55

    

勝利の法則
by pl2xuyxj7s
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧