競馬マーチンゲール法


<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧



仕分け、1年生議員を活用(時事通信)

 政府は25日午前の副大臣会議で、4月下旬からの事業仕分け第2弾について、鳩山由紀夫首相が民主党側に協力を求めたことを受け、1回生議員ら同党議員を活用することを確認した。松野頼久、松井孝治両官房副長官らが党側と活用方法を調整する。 

【関連ニュース】
仕分け、党に協力要請=首相
今後の主な政治日程
半数以上「地方移管」を=国出先の仕分け結果
公益法人への負担金見直しを=事業仕分け、行政刷新相と会談
来月に50公益法人選定=仕分け対象、不透明な実態続々

訃報 金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)
防衛相、午後から沖縄訪問 普天間移設問題で知事らと意見交換(産経新聞)
汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し−名古屋国税局が告発(時事通信)
<足利事件>「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙(毎日新聞)
国会参観者に飛び入り=鳩山首相(時事通信)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-03-31 04:13


「いいものある」と中学生に大麻=35歳男を逮捕−神奈川県警(時事通信)

 大麻や覚せい剤を所持、使用したとして、神奈川県警磯子署は23日、大麻取締法違反(所持)容疑などで住所職業不詳、吉川敦夫容疑者(35)を再逮捕した。同署によると、同容疑者は中学生に大麻を販売しようとしたという。
 同署によると、吉川容疑者は京浜急行杉田駅前の繁華街で学校帰りの中学2年の男子生徒3人に「いいものがある」などと言って路地裏に連れ込み、大麻を見せて買わせようとしたという。生徒は金を持っていないと断り、110番。駆け付けた署員が同容疑者を所持容疑で現行犯逮捕した。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
覚せい剤使用容疑で追送検=JAYWALK中村容疑者
千葉県警元警部補に有罪=覚せい剤使用「信頼損なう」

<公務執行妨害罪>不当取り調べで成立せず 神戸地裁(毎日新聞)
1人2400万円支払いを=JR不採用問題で最終案−与党・公明(時事通信)
投票先で「みんなの党」がついに10%(産経新聞)
長谷川等伯展 29万人訪れる 4月10日から京都で(毎日新聞)
歩道橋事故遺族、補充捜査要請へ=指定弁護士と25日面会−神戸(時事通信)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-03-27 23:47


「ブレーキに不具合なし」プリウス事故で千葉県警(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年7月、トヨタのハイブリット車の新型「プリウス」が前方自動車に追突、2人に軽傷を負わせた事故で、千葉県警が専門家の解析結果などから「ブレーキに構造上の不具合はなかった」と判断していたことが19日、県警への取材で分かった。

 県警は、事故原因はブレーキを適切に踏まなかった運転手のミスとして、自動車運転過失傷害(運転上の不注意)の疑いで、同県浦安市の男性会社員(37)を千葉地検松戸支部に書類送検。男性は「ブレーキがきかなかった」と容疑を否認しているという。この事故は国土交通省がトヨタに調査を指示するきっかけとなっていた。

 捜査関係者などによると、事故は昨年7月19日、松戸市南花島の国道6号で発生。信号待ちをしていた乗用車にレンタカーのプリウスが追突し、乗用車に乗っていた2人が軽傷を負った。

 県警によると、事故当初から、プリウスを運転していた男性がブレーキの不具合を訴えたため、昨年9月、県警はトヨタや専門家とともに事故車両を検証。結果、油圧などブレーキ部に問題はなく、車載されている運転記録装置「イベント・データ・レコーダー(EDR)」を解析した結果もブレーキに異常はないというものだった。また、事故車両がレンタカーだったことから、複数の利用者に事情を聴いたが、いずれもブレーキに異常は感じなかったと説明したという。

 その後、米国でトヨタ車の大規模リコール(回収・無償修理)が問題となったため、今年に入りEDRの解析を交通工学の専門家に依頼。2月に「ブレーキに問題はなかった」との報告を受けていた。

【関連記事】
プリウス、本当に急加速? 米ドライバーに疑惑浮上
まるで映画!?プリウスまた暴走騒ぎ!米でパトカー体当たり
トヨタ「プリウス」逆風も首位維持 リコール影響し2月は受注3割減
ホンダHV「インサイト」が10万台突破 発売から1年で
走り求めて役員に“直訴” ホンダ「CR−Z」開発の友部氏
20年後、日本はありますか?

トキ、別のペア1組も求愛行動(産経新聞)
「今が最初で最後のチャンス」自民会派離団の大阪府議が会見(産経新聞)
<近鉄名古屋線>特急に男性はねられ即死 愛知・蟹江の踏切(毎日新聞)
普天間 本音見せぬ首相 関係者に広がる疑心暗鬼(産経新聞)
<坂田賞>毎日新聞の点字報道に(毎日新聞)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-03-26 16:31


<キセル乗車>神奈川労働局長を懲戒処分(毎日新聞)

 厚生労働省神奈川労働局の男性局長(51)が、出勤途中のJR線でキセル乗車をしたとして、神奈川県警伊勢佐木署の事情聴取を受けていたことが分かった。容疑を認め、同署は詐欺容疑で書類送検する方針。厚労省は19日、男性局長を大臣官房付に降任し、減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にした。

 厚労省によると、元局長は15日、横浜市のJR桜木町駅で、使用済み回数券を使って有人改札を出ようとしたところを駅員に見つかった。自宅がある東京都北区の赤羽駅では別の回数券で乗車し、2種類の回数券を利用することで赤羽−桜木町間(690円)を無賃乗車した。同様の不正を約60回(総額約4万円)したと認めているという。【佐々木洋】

【関連ニュース】
「円天」詐欺事件:元会長に懲役18年判決…東京地裁
詐欺ほう助:東山魁夷贋作の被告に無罪判決 岡山地裁支部
振り込め詐欺:2月は全国で534件 再び増加に転じる
北九州・発砲:工藤会会長宅を捜索
融資金詐欺:コシ社長に実刑 東京地裁判決

<日米密約>リスト定かな記憶ない…藤崎駐米大使(毎日新聞)
白バイ追跡で激突のバイク男性が死亡 東京・足立区(産経新聞)
宇治茶 大規模茶園が京都府に完成 大型機械で率化図る(毎日新聞)
老人ホームで刺され3人重軽傷=入所69歳男を逮捕−福岡(時事通信)
<訃報>ウォルフガング・ワーグナーさん90歳=演出家(毎日新聞)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-03-24 12:22


幻冬舎元局長、懲役4年判決 横領事件、東京地裁(産経新聞)

 出版社「幻冬舎」(東京)の口座から計6120万円を不正に引き出し着服したとして、業務上横領罪に問われた同社の元管理局長、竹本和博被告(44)に東京地裁は15日、懲役4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 判決理由で稗田雅洋裁判官は、被告が競馬のために横領を繰り返す一方、自社の経理システムに架空の売掛金を入力して犯行の発覚を防いでいたと指摘。「大胆かつ巧妙で極めて悪質な犯行。刑事責任は重大だ」と述べた。

 判決によると、竹本被告は平成20年10月から21年3月までの間、計34回にわたって幻冬舎の預金口座から計6120万円を引き出し、自分の口座に振り込むなどして着服した。

参院選、責任者として臨む=小沢氏(時事通信)
米国でエイズ遺伝子治療を開発へ―タカラバイオ(医療介護CBニュース)
違法情報サイト、積極摘発=管理者を「ほう助」で立件−警察庁、全国に指示へ(時事通信)
離党の鳩山邦夫氏「自分が政界再編の接着剤に」(読売新聞)
12年度改定もネットプラスを要望―日薬(医療介護CBニュース)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-03-19 21:36


日赤が医療チーム派遣=チリ大地震(時事通信)

 南米チリで起きた大地震で、日本赤十字社は11日、医療チーム5人を成田空港から現地に派遣した。医療資機材の設営と現地医療スタッフの支援をする。チームは2週間後に帰国する予定。
 チームは医師1人、看護師1人、技術者3人。損壊した病院の駐車場にテントの病棟を設置し、医療活動を手助けする。現地医療スタッフには、直接資機材の使い方などを指導する。 

【関連ニュース】
【特集】2010年チリ大地震〜M8.8の巨大地震〜
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震〜日本にも津波〜
チリ大地震、M8.8に修正=気象庁が再解析

<強盗>シティホテルから16万円奪う 愛知・一宮(毎日新聞)
1票の格差、違憲状態=衆院定数訴訟で4例目−福岡高裁支部(時事通信)
公邸入居費は750万円超(時事通信)
助け合い、静かな日々=たばこや散歩楽しみ、クリスマス会も−グループホーム火災(時事通信)
<道アイヌ協会>不適切会計処理 虚偽出張旅費支出か /北海道(毎日新聞)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-03-18 15:07


大学生の「就業力」アップ、国が5年計画(読売新聞)

 大学生の就職内定率が就職氷河期以来の落ち込みを記録する中、文部科学省は、2014年度までの5年を大学生・大学院生の「就業力」向上の重点期間と位置づけ、大学の財政支援などに乗り出す。

 10年度予算案で、既存の補助金などと別枠で30億円を確保、公募により、インターンシップ(就業体験)を卒業単位に認定するなど積極的な指導を行う国公私立大130校に資金配分する。また、私大約500校に来年度まで就職相談員を配置、大学生らの就業危機脱出を支援する。

 公募で選ばれた大学には、国立大への交付金や私学助成とは別枠で1校につき約2300万円ずつ配分する。選考基準は今後定めるが、1年生から将来の進路を考える科目が必修化されている金沢工業大(石川県)や、調査能力、国際感覚など社会人に必要な能力育成を意識した講義を行う東京女学館大(東京都)、就業体験を単位に認定している一橋大(同)などの例を念頭に置いている。

 財政支援を行うことでこうした取り組みが他大学に波及する効果も期待している。大学院生や、就職が決まらない既卒者の支援も産業界などと連携して進める。

 一方、就職相談員の配置は、企業で採用や人事を担当した経験者や民間の就職支援関連資格保有者の雇用費用を国が負担するもので、国公立大と一部私大を除く495校を対象に来年度まで支援する。

 同省などが12日に発表した2月1日現在の大学生の就職内定率は80%(前年同期比6・3ポイント減)で、調査を始めた00年以降で過去最低。新卒で就職する学生の3割が3年以内に離職しているというデータもある。各大学は独自に指導を行っているが、個々の学生の個性や職業観を踏まえた職業教育を行う大学がある一方、「面接対策など小手先の指導にとどまる大学も多い」(文科省)という。

機密費、毎月6000万円を支出=官房長官(時事通信)
グループホームを実況見分=ストーブ周辺の洗濯物引火か−7人死亡火災・道警(時事通信)
「健康づくり提唱のつどい」4月に開催−日本栄養士会(医療介護CBニュース)
皇太子さま、ガーナで英世の志継ぐ日本人激励(読売新聞)
JAYWALKの中村容疑者、過去に銃刀法違反も(産経新聞)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-03-16 23:22


殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件(産経新聞)

 大阪市西成区の女性=当時(92)=が多量の薬物を投与され殺害された事件で、殺人と殺人未遂容疑で逮捕された実行役の田向啓子容疑者(53)が犯行に使ったインスリンについて、「自称・霊能力者で指示役の寺谷均美容疑者(53)が家族から手に入れた」と供述していることが10日、大阪府警への取材で分かった。寺谷容疑者は全面的に否認しているが、府警は寺谷容疑者の主導性を裏付ける供述とみている。

 捜査1課によると、平成19年4月〜5月にかけて、寺谷容疑者は、田向容疑者が訪問介護していた女性を「逝(い)ってもらわなあかん」と指示、インスリンなどを投与して殺害したとされる。

 田向容疑者は「女性の腹部にインスリンを注射した」と供述。女性は直後に具合が悪くなり、当時入院していた大阪市内の病院がすぐに検査したところ低血糖と判明。それ以前にも田向容疑者から精神安定剤や睡眠導入剤を何度も投与された影響で容体が悪化し、5月27日に死亡した。

 寺谷容疑者はインスリンについて「名前は知っている」と供述するだけで、「田向容疑者と女性の殺害を相談したことは一度もない」と否認している。

 インスリンの入手には医師の処方箋(せん)が必要だが、田向容疑者の家族や知人に糖尿病患者はおらず、犯行現場となった病院で盗まれた形跡もなかった。寺谷容疑者の家族にはインスリンを常用している糖尿病の患者がおり、府警は入手経路は田向容疑者の供述どおりだとみている。

 寺谷容疑者は女性の死亡から数カ月後、親族に「女性が死にきれていない」と多額の祈とう料を要求。他の事件でも同様の行為を繰り返しており、入手した現金は家族旅行のほか、日常生活で浪費していたとみられる。

 両容疑者は高校の同級生で卒業後も友達付き合いを続けていた。不妊問題に悩んでいた田向容疑者が約30年前、寺谷容疑者の助言に従ったのを機に「霊能力者と信者」としての上下関係ができていったという。

 田向容疑者は「寺谷容疑者のように幸せになりたくて、ずっとお布施をしていたが、結局幸せになれなかった」と供述している。

■「霊能力者」事件

 大阪市東成区の放火事件で平成21年3月に逮捕された田向容疑者の自供から、自称・霊能力者の寺谷容疑者が関与した窃盗、詐欺、放火、殺人・殺人未遂容疑の計12事件が発覚。捜査の過程で、寺谷容疑者が「お不動さん信仰の教祖」の立場を利用してターゲットを絞り、信者の田向容疑者に犯行を指示して「厄災」をもたらし、祈とう料名目の現金を引き出す−という構図が浮上した。寺谷容疑者はすべての事件で全面的に容疑を否認しているが、府警は信者数人から計約1億8千万円を集めたとみている。うち約9千万円は田向容疑者からのお布施だった。捜査幹部は「寺谷容疑者は人生に悩む人たちを食い物にした」と指摘している。

■霊能力者事件の事例集

 事例1(窃盗) 平成15年10月、私立高のPTA会長だった寺谷容疑者は文化祭のバザーの収益金が職員室の金庫にあることを知り、田向容疑者に指示し約95万円を盗ませたとされる。寺谷容疑者は、会計担当者に「お金のことで災いがある」と“予言”していた。

 事例2(詐欺) 20年3月、寺谷容疑者は田向容疑者の次女に貯金があることを知り、次女に「あなたのおばあさんの老人福祉施設の入所費用200万円が半額で済むようにして話をしてあげる」などとウソをつき、約100万円をだましとったとされる。

 事例3(放火) 20年5月、寺谷容疑者は信者の1人に「変なことが起こるかも知れない」と予告電話をかけた上で、田向容疑者に放火を指示、信者の自宅を半焼させたとされる。寺谷容疑者は数日後、信者に「護摩をたいてあげる」と話し、お布施を要求した。

【関連記事】
自称霊能力者と信者の女を殺人と殺人未遂容疑で再逮捕 大阪府警
放火事件 実行役の女供述「殺害目的で睡眠薬」
放火を“予言”してお布施要求 信者をあやつった女霊能力者
「教祖」の女を放火で再逮捕 信者の女に指示
現金盗み家屋に放火容疑 自称「霊能力者」の女ら逮捕
20年後、日本はありますか?

<春の陽気>各地で気温20度超える 南から暖かい風が入り(毎日新聞)
皇太子さま、ガーナの露天市場に(時事通信)
袋に入った嬰児遺体見つかる 埼玉・越谷(産経新聞)
カード詐欺容疑で中国人逮捕=組織トップからの伝達役か−埼玉県警(時事通信)
宇宙機関長会議 ISSの使用延長 検討の開始を明らかに(毎日新聞)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-03-12 15:20


岡田外し「気にしてない」=普天間、対米交渉に意欲−外相(時事通信)

 「『外務省はどうなっているのか』という記事があるが、わたしは全く気にしていない」。岡田克也外相は5日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設をめぐる平野博文官房長官、北沢俊美防衛相とルース駐日米大使との2日の会談に同席しなかったことについて、こう強調した。
 普天間問題では、平野長官が昨年末に移設先選定に当たる政府・与党検討委員会の委員長に就任して以降、岡田外相の存在感は薄まるばかり。今回の会談が表面化すると、一部で「岡田外し」と報じられた。
 会見で岡田外相は「(政府案が)まとまれば、外務省としてしっかり米国と交渉していく」と対米交渉への意欲を表明。移設先についても「あらゆる可能性がある」として、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移すとした現行計画も排除しない考えを重ねて示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

【ニッポンの食、がんばれ!】大豆レボリューション(産経新聞)
舛添、河野氏「人心一新」促す(産経新聞)
群馬・伊勢崎で民家火災、家族4人が不明(読売新聞)
<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)
開業医の時間外電話相談、留守番電話対応も可(産経新聞)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-03-10 22:12


<虐待>食事与えず5歳長男衰弱死、あざも 父母逮捕 奈良(毎日新聞)

 5歳の長男に十分な食事を与えず死亡させたとして、奈良県警は3日、父親の同県桜井市粟殿、会社員、吉田博容疑者(35)と母親のパート店員、真朱容疑者(26)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。5歳児の体重は通常15〜20キロだが、長男は死亡時6.2キロしかなかった。顔など数カ所にあざがあり、県警は暴行の有無についても調べている。

 逮捕容疑は、今年1月初めから今月3日まで、長男智樹君に十分な食事を与えず、日ごとに衰弱していったのに治療を受けさせず放置し、死亡させた疑い。両容疑者は「愛情がわかなかった」と、容疑を認めているという。

 県警などによると、3日午前11時ごろ、真朱容疑者が県中央こども家庭相談センターに3回にわたり、「子供を虐待している」「ぐったりしている」などと連絡。訪問した市職員が、あおむけでぐったりした智樹君を発見し、119番。病院に運ばれたが、午後5時20分に飢餓による急性心不全で死亡した。

 両容疑者は、智樹君、長女(3)の4人暮らし。智樹君を保育所などに預けず、1月初めごろから食事は1日1回、朝食だけだった。母親は「この1週間ほどは食事を受け付けなくなった」と話しているという。智樹君は自力歩行できず、寝たきり状態だった。

 関係者によると、自宅はロフト付き8畳一間の2階建てアパートの2階。同じアパートの1階に住む男性(33)は「半年ほど前、ギャーという声やドンという大きな音が聞こえた。異常な泣き声だったので、アパートの管理会社に『虐待されているのでは』と電話した。それから泣き声は収まった。子供が可哀そう」と話した。

 隣に住む会社員の男性(40)は「1年ぐらい前から午後10時くらいに、子供が泣く声や壁をたたく音が聞こえていた。いたずらをして怒られているのかなと思った。2、3カ月前ごろから泣き声は聞こえなくなった」と話した。【上野宏人、高瀬浩平、大森治幸、山崎一輝】

【関連ニュース】
幼児虐待:3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡
児童ポルノ:被害最多 虐待も過去最悪に 09年統計
東京7歳児虐待:静岡で強盗容疑、継父を再逮捕へ
3カ月長男虐待:容疑の父親逮捕 脳に障害か 大阪
親権制限制度:民法改正を法制審に諮問 法相

民主・小林氏「申し訳ない」進退明言せず(読売新聞)
新任女性教諭の自殺、公務災害と逆転裁決(読売新聞)
寺放火の疑い、僧侶逮捕=火災保険3億円−事前に家具持ち出す・埼玉県警(時事通信)
「対応に深い悔恨の念」=検証結果を公表−死亡小1の虐待で区・東京(時事通信)
首つり偽装で自衛官殺害=容疑で妻ら5人逮捕−検視で「自殺」と誤認・宮城県警(時事通信)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-03-09 10:00

    

勝利の法則
by pl2xuyxj7s
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧