競馬マーチンゲール法


小沢氏側、聴取応諾を回答=特捜部と日程調整−規正法違反事件(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、小沢氏側が東京地検特捜部に対し、任意の事情聴取に応じる意向を伝えたことが19日、関係者の話で分かった。弁護士を通じて同日回答し、日程調整に入ったとみられる。早ければ今週後半にも、聴取が実現する可能性が出てきた。
 事情聴取で特捜部は、陸山会の土地購入に充てられた4億円の原資や、政治資金収支報告書への虚偽記載の認識などについて、小沢氏に説明を求めるとみられる。 

神社撤去 最高裁、過去の基準は「目的効果」(産経新聞)
JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず(産経新聞)
<踏切>遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線(毎日新聞)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明−衆院予算委(時事通信)
「国民の理解得て参院選臨む」=民主・小沢氏(時事通信)
[PR]
by pl2xuyxj7s | 2010-01-26 02:44

<< 小沢氏の公設秘書、大久保被告の...      捜査介入のつもりない=「不起訴... >>

勝利の法則
by pl2xuyxj7s
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧